2016年巻頭作品集


年月 写真俳句短歌作品
1月 産土(うぶすな)も 願ひ渦巻く 初詣 (ゆきお)
吊るし柿 壁を譜面に シンホニ― (小鈴)
2月 春立つ日 思へば見ゆる 野の光 (淑如)
あさまだき春待つ川に雪の降り 土手の土筆も身をすくめなむ (筑山)
3月 春疾風 まだ咲きそまぬ 枝揺らす (未来)
柔らかに 光を包み 梅一輪 (有三)
4月 病みし身の 頬に触れゆく 花の雪 (学)
振袖の花の乙女の立ち姿 花一杯の門出祝して (紀舟)
5月 新緑や 並木潜れば 指染まる (ゆきお)
競い合う 子らの背中に 散り桜 (きよし)
6月 追憶や あの事かのこと 衣更 (淑如)
思ひ出の生家の跡を尋ぬれば 遠い記憶の石の蔵のみ (筑山)
7月
8月
9月
10月
11月
12月

HPに戻る


inserted by FC2 system